[相談]

平成29年分以降の所得税について医療費控除の適用を受ける場合に
必要な手続が改正されたそうですが、医療費控除の適用を受ける場合
に必要な手続のうち主に従来の取扱いと異なる事項に関するして
教えてください。

[回答]

国税庁は平成29年分以降の所得税について医療費控除の適用を
受ける場合に必要な手続が改正されたことに伴い、医療費控除の

適用を受ける場合に必要な手続のうち主に従来の取扱いと異なる
事項に関する事項を下記のとおりQ&Aとして公表しましたの
で紹介します。

詳細につきましては「医療費控除に関する手続について(Q&A)」
をご覧ください。

【Q&A見出し】
1 医療費控除の適用を受ける場合の手続(制度改正の概要)
2 経過措置(医療費の領収書の提出又は提示)について

3 「医療費控除の明細書」の記載方法
4 証明書類の取扱い

5 「医療費通知」を添付する場合の留意点
6 「医療費通知」を申告書の添付書類として使用できない場合

7 「医療費通知」に記載のない医療費の支払がある場合
8 医療機関の窓口で医療費の負担がない場合

9 補填された金額の「医療費通知」への付記方法
10 「医療費通知」に記載された負担額と実際の負担額とが異なる場合

11 記載されている医療費の額がいわゆる10割負担の額である場合
12 「医療費通知」に記載されている医療費のうち
「療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称」欄が空欄である場合①

13 「医療費通知」に記載されている医療費のうち
「療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称」欄が空欄である場合②
14 「医療費通知」上の被扶養者が生計を一にする親族に当たらない場合

15 「医療費通知」データ(XML形式)を活用した確定申告の概要

*************************************************
確定申告のご相談は、お気軽にお尋ねください

http://確定申告.biz/
http://freee-shinkoku.com/

初めての確定申告のご相談も大歓迎です
freeeの確定申告に完全対応しています
**************************************************

起業・会社設立・資金繰り・資金調達・節税のご相談は
お気軽にお問合せください。

☆☆☆求人募集中です。

税理士試験合格者
税理士試験科目合格者
税理士事務所勤務経験者

を募集しています☆☆☆

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
お客様のビジネスを全力で応援する神戸の税理士のブログ

神戸経営支援Navi
近江清秀公認会計士税理士事務所

神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館17階
TEL:078-959-8522
FAX:078-959-8533
Mail:freee-info@marlconsulting.com

freee確定申告ヘルプサポート
http://freee-shinkoku.com/

freeeを活用して中小企業を全力で支援するHP
http://www.freee-kessan.com/

事務所HP
http://www.marlconsulting2.com/

安心できる神戸相続Navi
http://www.kobesouzoku.com/

信頼できる神戸経営支援Navi
http://www.oumi-tax.jp/

不動産賃貸専門税理士
http://www.不動産賃貸税理士.com/

確定申告LP
http://確定申告.biz/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

お気軽にお問い合わせください。Tel.078-959-8522、受付時間9:00~18:00

メール無料相談