空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例

28年度税制改正で,「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」
が創設されます。

この特例は、例えば・・・こんな場合に適用されます
亡くなった親が住んでいた神戸の家を相続したのは
東京に住んでいる長男でした

長男は、相続により取得した神戸の家を今後も
維持するコストを考えると譲渡することにしました

親の住んでいた神戸の家は、50年前に取得した土地で
あったため譲渡した場合、多額の譲渡所得が発生します

平成28年3月31日までは、上記のような場合には
相続税の取得費加算の特例を適用することが
できました

取得費加算の特例については、下記URLで確認して
ください
https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3267.htm

しかし取得費加算の特例にも以下のような問題点が
ありました

1.相続税の発生しない場合には適用できない
2.たとえ取得費加算の特例を適用しても
ほとんどの場合、譲渡所得に課税されて
税額が発生する

そこで上記問題点をクリアにする
「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」
平成28年4月1日以降の譲渡に適用されます

この特例は、上記の長男のような場合に
『居住用財産の譲渡所得の3,000万円特別控除』
を適用できるという内容です。

適用に当たっての留意点

この特例では,
1.被相続人が事業や貸付の用に供していた家屋
2.被相続人以外の者が居住していた家屋

上記の家屋は適用対象外となります。

また、たとえ被相続人が相続開始直前まで居住の用に
供していた家屋であっても、相続開始直前に被相続人
以外の者が居住していた場合には,特例対象外となります。

さらに、この特例は取得費加算の特例とは選択適用
となります

実際の適用に当たっての詳細な留意点については
まだ公表されていない部分もあります

上記のようなパターンで相続により取得した
不動産が空き家になってしまっている場合
譲渡は28年4月1日以降まで待ったほうがよさそうです

**********************************************************
確定申告のご相談は。。。
http://確定申告.biz/

マイナンバー対策・初めての確定申告もお気軽に
ご相談ください
***********************************************************

起業・会社設立・資金繰り・資金調達・節税のご相談は
お気軽にお問合せください。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
お客様のビジネスを全力で応援する、マラソンでダイエットする
神戸の税理士のブログ

神戸経営支援Navi
近江清秀公認会計士税理士事務所

神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館17階
TEL:078-959-8522
FAX:078-959-8533
Mail:office@marlconsulting.com

事務所HP
http://www.marlconsulting2.com/

安心できる神戸相続Navi
http://www.kobesouzoku.com/

信頼できる神戸経営支援Navi
http://www.oumi-tax.jp/

不動産賃貸専門税理士
http://www.不動産賃貸税理士.com/

確定申告LP
http://確定申告.biz/

All ABOUT JAPAN のコラム
http://profile.ne.jp/pf/oumi/c/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

お気軽にお問い合わせください。Tel.078-959-8522、受付時間9:00~18:00

メール無料相談